日通/フィンランド進出、グループ会社がヘルシンキに支店開設

2019年07月04日 

日本通運は7月4日、グループ会社のAPC LOGISTICS AB(APCスウェーデン)がフィンランドの首都ヘルシンキに支店を開設したと発表した。

6月17日から営業を開始した。

これにより、APCスウェーデンはフィンランドでビジネスを展開するスウェーデン系や北欧系の企業に対して、強みを持つ北欧-アジア間の輸送で作業品質の向上やカスタマーサービスの強化を図り、サービスを展開していく。

フィンランドでは、製紙・パルプ・木材や金属・機械産業のほか、近年は情報通信産業が主要産業の一角をなしている。同国への進出で、日通グループの海外ネットワークは47か国、303都市に拡大した。

■APCスウェーデン フィンランド支店の概要
住所:Teknobulevardi 3-5, FI-01530 Vantaa, Finland
TEL:+358-9-4245-7100
業務内容:航空・海運輸出入フォワーディング業、トラック事業

関連キーワード:

最新ニュース