国交省/2018年コンテナ取扱貨物量、外貿・内貿とも過去最高更新

2019年07月04日 

国土交通省が7月3日に発表した2018年のコンテナ取扱貨物量は、過去最高の2349万個(前年比3.0%増)となった。

<コンテナ取扱貨物量推移>

コンテナ取扱貨物量推移

内訳は、外貿コンテナ取扱貨物量が1890万個(2.7%増)、内貿コンテナ取扱貨物量が460万個(4.3%増)で、外貿は2年連続、内貿は7年連続で過去最高値を更新した。国際フィーダー取扱貨物量も堅調な伸びを見せた。

これは、国際コンテナ戦略港湾への集貨や、国際フィーダー航路網の拡大など、国際コンテナ戦略港湾政策の成果によるもの。

また、内航フェリー・RORO船の大型船の投入や航路再編の動きとともに、2018年7月の豪雨災害などを受け、内貿貨物が陸上輸送から海上輸送へシフトしたことなども影響していると考えられる。

取扱量上位港では内貿コンテナ取扱貨物量の増加により、清水港が9位から8位、川崎港が18位から16位になるなどの順位変動があった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集