インフォア/サプライチェーンに関わる企業を繋ぐ「Infor Nexus」発表

2019年07月04日 

インフォアジャパンは7月4日、「Infor Nexus」を日本市場で提供開始することを、赤坂インターシティAIR内で開催したイベント「Logistics 4.0への変革」の中で発表した。

<「Logistics 4.0への変革」の会場の様子>

Logistics 4.0への変革」の会場の様子

<「Infor Nexus」を紹介するインフォアアジア太平洋地域Infor Nexus担当のキャス・ブレンジェンス バイスプレジデント>

「infor Nexus」を紹介するインフォアアジア太平洋地域infor Nexus担当のキャス・ブレンジェンス バイスプレジデント

サプライチェーンでのデータの大半は組織外にあり、業務とコラボレーションの多くは外部企業との間で行われている。インフォアジャパンは、サプライチェーンのすべての関係者を繋げることで、ロジスティクス業界における変革を促進する新しいプラットフォームInfor Nexusを日本市場で展開する。

Infor Nexusは、多数の企業や組織が関わるグローバル取引をリアルタイムに可視化し、サプライチェーン全体のプロセスを統合する、世界最大規模のクラウドコマースネットワーク。サプライヤやメーカー、3PL、銀行など、サプライチェーンでの関係企業を繋げることで、複雑なサプライチェーンを可視化し、コラボレーションや業務を円滑化し、インテリジェンスにより予測能力を高める。

シングルインスタンスのクラウド上プラットフォーム上に構築されたビジネスネットワークソリューションにより、サプライチェーンに関わる複数企業間の「物理的なプロセス」と「財務的なプロセス」を組織の壁を超えて統合。これにより、サプライチェーン全体を可視化し、複雑性を解消する。オープン且つ標準化されたEDIフォーマットを活用し、各企業が持つ既存システムとの相互連携も可能だ。

調達から納品にいたるサプライチェーン全体のプロセスに対する、計画や実行、財務を管理するため高度なアプリケーションを提供する。アプリケーションは、複数拠点で処理可能であり、メーカーとサプライヤおよびその他企業とのコラボレーションや業務を円滑化する。アプリケーションは、世界中の任意の場所で、インターネットに接続された端末から利用可能。

また、インフォアのビジネスインテリジェンスや、物流業界における20年にわたるデータ管理を元にしたベンチマークにより、新しいインサイトを提供する。これにより、日常的に発生するロジスティクス上の遅延や問題を把握し、それらがサプライチェーンに与える影響を予測し、それらに対する迅速な対応や、適切な意思決定を支援する。

<小松製作所のナターリア・メテリョーワ氏>

小松製作所のナターリア・メテリョーワ氏

なお、「Logistics 4.0への変革」のイベントには約80名の参加者が集まり、「Infor Nexus」の説明に続き、導入企業の小松製作所情報戦略本部ICT改革室グローバルコーディネーショングループのナターリア・メテリョーワ氏が「Infor Nexusのグローバルプロジェクトについて解説。「サプライチェーンに関わる複数企業とつながる重要さとそのメリット」について説明した。

最新ニュース