マツダ/軽商用車スクラムワゴン等の先進安全技術拡充

2019年07月04日 

マツダは7月4日、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて発売した。

<スクラムバンPAスペシャル(2WD車)>

スクラムバンPAスペシャル(2WD車)

<スクラムワゴン PZ TURBO(2WD車)>

スクラムワゴン PZ TURBO(2WD車)

改良では、先進の予防安全技術の拡充による安全性と、室内の使い勝手を向上。

安全性能については、スクラムバン「PAスペシャル」「PCスペシャル」「BUSTER」機種とスクラムワゴン全車に、マツダの軽自動車で初となる夜間歩行者検知機能を備えた「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」および超音波センサーによる「後退時ブレーキサポート」などを新たに設定。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当する。

室内の使い勝手については、前席上部にある「オーバーヘッドシェルフ」をスクラムバンで全車標準化したほか、「PA」「PAスペシャル」機種の「ユーティリティナット」を12個に増やし、荷室アレンジの自由度がさらに広がった。また、スクラムワゴン「PZ TURBO(PZターボ)」機種を全高1910mmのハイルーフ仕様に変更。乗員がよりゆったり快適に過ごせる室内空間と、より多くの荷物を積める荷室を実現した。

一部改良の概要では、夜間の歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート(DCBS)」をマツダの軽自動車として初採用。「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当する。

DCBS装着車には被害軽減ブレーキ情報表示を追加した3連メーターを採用。「後退時ブレーキサポート」をスクラムバン・ワゴンとして初採用し、駐車時などの衝突リスク回避に貢献する。

また、誤発進抑制機能(前進+後退時)、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、リアパーキングセンサー、ハイビームアシストを、スクラムバン・ワゴンとして初設定し、使用時の安全性を向上した。

なお、メーカー希望小売価格は、「スクラムワゴン」(PXTURBO)2WD、4ATが149万400円。

最新ニュース