トッパン・フォームズ、岩谷産業/-150℃以下の低温輸送システム提供開始

2019年07月03日 

トッパン・フォームズと岩谷産業は7月3日、医薬品の適正流通(GDP)ガイドラインに対応し、再生医療分野での-150℃以下の低温輸送システムの提供を開始すると発表した。

<システム概要図>

このシステムは、再生医療分野で細胞・医薬品を保管・輸送する際に、細胞・医薬品が収納された容器内外の温度管理を可能にするもの。温度管理は、岩谷産業が提供する、液化窒素を使用して-150℃以下の環境を保つ「ドライシッパー(細胞輸送容器)」と、トッパンフォームズが新たに開発した温度ロガー「オントレイシス タグ-196℃」および温度管理プラットフォーム「オントレイシス クラウド」を利用する。-150℃以下の低温環境で温度・位置情報のログデータをリアルタイムで取得でき、再生医療等製品の輸送・保管時の温度品質向上に貢献する。

なお、日本国内では安全性の向上を目的に、厚生労働省から2018年12月に医薬品の流通過程における国際品質管理基準であるGDPに準じたガイドラインが公表されており、再生医療分野もこのガイドラインの対象に含まれている。

医薬品の輸送・保管に関わる医薬メーカーや医薬卸、倉庫、運輸などの企業は、定温輸送を含む輸送・保管時の品質管理の厳格化のため、物品輸送時の温度ログの取得や管理強化などの取り組みを進めている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集