ANA/大型貨物専用機ボーイング777F型機が就航

2019年07月02日 

ANAは7月2日、大型貨物専用機ボーイング777F型機の運航を成田-上海(浦東)線で開始した。

<ボーイング777F型機>

ボーイング777F

777Fの運航は、日本の航空会社として初。10月27日からは成田-シカゴ線にも就航する。

777Fは、中長期的に需要拡大が見込まれるアジア・中国と北米間で、航空機エンジンや半導体製造装置、リチウムバッテリ-や医薬品などの危険品・特殊品の輸送を担う。同区間への投入によって、アジア・中国・日本と北米間の大量輸送を実現する。

導入に合わせてANA Cargoでは、大型の半導体製造装置や医療機器などの衝撃リスクに配慮した輸送サービス「PRIO SENSITIVE」や、SUVサイズまでの完成車に対応する自動車輸送サービス「PRIO VEHICLE」などの新サービスを展開している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集