アスクル/東京都江戸川区臨海町に5.8万m2の拠点センターを新設

2019年07月02日 

アスクルは7月2日、事業拡大に伴い今後も継続して増加する出荷量に対応するため、 BtoB事業の成長を支える物流拠点「(仮)ASKUL 新東京センター」を新設すると発表した。

<ASKUL新東京センター完成イメージ図>

ASKUL新東京センター完成イメージ図

ASKUL新東京センターは、 日本自動車ターミナルが建設を進めている「葛西トラックターミナルA棟(仮称)」をアスクルが全棟賃借するもので、 2021年8月の竣工、 2022年2月の稼動開始を予定している。

ASKUL新東京センターは、次世代のBtoB事業の中核を担う戦略的位置づけの物流センターであり、 BtoBサービスASKULの東日本エリアの顧客に対するサービス進化の拠点となる予定。

ASKUL新東京センターは、 東部流通業務団地内の大手トラック運送事業者の拠点が多く存在する葛西トラックターミナル内にあり、5階建てで延べ床面積5万8000m2を予定する先進的大型物流施設。

首都高速湾岸線「葛西」ICから1.5kmの場所に位置し、環状7号線に直結している利便性の高い立地で、ASKULの東京エリアへの当日配送能力を増強する。JR京葉線の葛西臨海公園駅から徒歩でアクセスすることができ、人手不足が課題である物流において労働力確保にも適した好立地にある。

また、ASKUL新東京センターは、免震構造を採用しており、72時間対応の非常用自家発電設備を設置し、災害時の安定的な事業継続を可能にしている。

■施設概要
名称:(仮称)ASKUL新東京センター
所在地:東京都江戸川区臨海町
着工:2020年3月
竣工:2021年8月(予定)
稼動開始:2022年2月(予定)
延床面積:約5万8000m2 
建物階数:地上5階建(1階~4階:倉庫部分・5階:事務所部分、 全棟賃借)

最新ニュース