富士フイルム/欧州拠点に約30億円を投資し新工場を建設

2019年07月02日 

富士フイルムは7月2日、細胞培養に必要な培地のさらなる事業拡大を図るため、欧州拠点のFUJIFILM Manufacturing Europe B.V.(オランダ)に約30億円を投資し、培地を生産する新工場を建設すると発表した。

<新工場の建設場所>

2019年中に着工し、2021年内に稼働を開始する予定。米国・日本に続き、今回初めて欧州で培地の生産工場を建設し、培地の生産を日米欧の3拠点体制で行う。

培地は、細胞の生育・増殖のための栄養分を含んだ液体や粉末状の物質で、バイオ医薬品や再生医療製品などの研究開発・製造における細胞培養に必要不可欠なもの。現在、抗体医薬品を中心としたバイオ医薬品の需要増加、細胞を用いた治療法の拡大に伴い、培地市場は拡大しており、今後も年率約10%の伸長が見込まれている。

今回、富士フイルムは、北米に次ぐバイオ医薬品製造企業の集積地である欧州に、cGMPに対応した培地の生産工場を新設し、現地生産体制を確立する。これにより、受注から納品までのリードタイムを短縮し、顧客サポート力を強化するとともに、伸長する培地の需要に応えていく。

新工場では、日本・米国の生産拠点同様、動物由来成分を含まないカスタム培地を生産し、バイオ医薬品製造や再生医療などの用途に提供する予定だ。

富士フイルムは、2017年に総合試薬メーカーの和光純薬工業(現富士フイルム和光純薬)を買収し、培地事業に参入した。さらに2018年に、培地のリーディングカンパニーであるIrvine Scientific Sales Company(現FUJIFILM Irvine Scientific)を買収し、培地ビジネスをさらに拡大している。

現在、高い研究開発力や品質管理力により顧客ニーズにあわせた最適なカスタム培地などを開発・提供。また、日本・米国に保有するcGMP対応の生産拠点を活用して、全世界の製薬企業やバイオベンチャー、アカデミアなどに製品を供給している。

■新工場の概要
建設場所:FUJIFILM Manufacturing Europe B.V.
(Industrieterrein Vossenberg, Oudenstaart 1, 5047 TK Tilburg, The Netherlands)
総投資金額:約30億円
生産品目:バイオ医薬品製造、再生医療向けの培地など
着工時期:2019年
稼働時期:2021年

最新ニュース