佐川急便、農業総合研究所/佐川急便施設内に農産物集荷場開設

2019年07月02日 

農業総合研究所と佐川急便は7月2日、生産者直送農産物の販路拡大をサポートする取り組みとして、長野県須坂市に続き山梨県笛吹市においても佐川急便施設を活用した農産物出荷用の集荷場を開設したと発表した。

<集荷場の様子 >

集荷場の様子

<農産物の流れ>

農産物の流れ

農業総合研究所と佐川急便は、2017年7月から長野県須坂市の佐川急便施設(長野営業所)を活用した集荷場運用のトライアルを行った。このトライアルで地元生産者に対して販路拡大に一定の効果が見込めたことから2019年1月から本格運用を開始した。

同様のスキームを展開できるエリアを検討し、今回新たに7月1日より山梨県笛吹市で佐川急便の施設(甲州営業所)を活用した集荷場を開設した。これにより長野営業所・甲州営業所の2か所で農産物出荷運用を開始することとなった。

開始する山梨県では、桃やぶどうなどの果物の出荷がこれから最盛期を迎える中、農業総合研究所が提供する農産物流通プラットフォームと佐川急便の集荷場を活用することで、生産者は販路の拡大により収入源の増加が期待出来る。また、都市部の消費者は新鮮な農産物を安価に購入することが可能となる。

両社は、生産者が丹精込めて育てた良質な農産物を都市部などの消費地に鮮度を保って届けるために、農業総合研究所が持つ農業関連の経営ノウハウ、農産物のブランド化・6次産業化に係る創造力と佐川急便が持つ配送ネットワーク、温度管理された物流インフラを活用して、生産者の販路拡大を支援する。これにより中山間地域の農業・
農村の活性化にも寄与することが期待されるとしてい。。

■集荷場概要
施設名称:佐川急便甲州営業所
住所:山梨県笛吹市一宮町国分字築地 920 番地 1
運用開始日:2019年7月1日

関連キーワード:

最新ニュース