日本物流連/山九の新入社員に他企業が研修行う企業間クロス教育実施

2019年07月02日 

日本物流団体連合会は7月2日、山九で物流部門に配属された新入社員15名を対象に、他の会員企業が講師となり、研修を行う「企業間クロス教育」を6月26日と27日の2日間実施したと発表した。

<講義風景(佐川急便)>

講義風景(佐川急便)

今回は、西濃運輸、佐川急便から招かれた2名の講師が、会社の概要、サービス内容、強みなどを講義した。また、7月9日には、日本パレットレンタルの講義が予定されている。

これは、人材育成・広報委員会が設置する若手社員で構成される「物流いいとこみつけ隊」が企画したもので、今年で2年目となる。

この教育の目的は、会員企業が行う社員研修において、他社の事業である様々な輸送モードやサービスを教育カリキュラムに取り入れることで、受講生が自社の知識習得に留まらず物流業界の動向を知り、参加企業との人的交流を通じて、新しい発想で品質向上や協業、さらに物流業界発展に繋げる人材の育成に資することにあるとしている。

関連キーワード:

最新ニュース