CRE/倉庫に人材を派遣するセンターを設立

2019年07月01日 

シーアールイー(CRE)は7月1日、ツナググループ・ホールディングスと、5月15日に発表した通り、7月1日付で新会社「倉庫人材派遣センター」を設立したと発表した。

<派遣センターサービスのイメージ図>

派遣センターサービスのイメージ図

倉庫人材派遣センターでは「派遣センター」の運営を行う。「派遣センター」は倉庫内作業の派遣スタッフを利用したいユーザー企業と派遣会社をマッチングさせるプラットフォーム。

ユーザー企業は必要となる派遣スタッフ数などの条件をこのプラットフォームに登録し派遣依頼をすると、派遣センター内で提携している複数の派遣会社へ登録情報が共有され、派遣会社が派遣可能な人員を応募することでマッチングが成立。スタッフを派遣させることができる仕組みだ。

このサービスを利用することで、個別に複数の派遣会社とのやり取りが不要になり、より簡単に多くの人員の確保が可能になることに加え、その過程に起こる事務的処理の工数削減も可能。

サービス対応エリアは当初関東のみとなるが、順次対応エリアを拡大していくとしている。

なお、物流現場は採用難に加えて、ECの拡大に伴う作業の細分化・複雑化・高度化により、大きな作業負担を強いられている。また、今後物流現場での人手不足・雇用困難な状況はさらに深刻化していくと予想されている。

そこで、CREが事業ビジョンとして掲げる「世界の人とモノをつなぐ物流インフラプラットフォーム」構築の一環として物流における重要課題の一つである、労働力不足を解消するため、ツナググループ・ホールディングスと新会社を設立し、物流現場へのスムーズな人材提供を可能にするサービスを提供するもの。

■概要
名称:倉庫人材派遣センター
所在地:東京都千代田区有楽町 1-1-3
事業内容:倉庫・物流企業と派遣企業のマッチングサービスの運営
資本金及び資本準備金:2000万円
出資者及び出資比率:ツナググループ・ホールディングス51%
          シーアールイー49%

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集