日立物流/日立トラベルビューローの株式を譲渡

2019年07月01日 

日立物流は7月1日、子会社の日立トラベルビューロー(HTB)の株式70%をBCD Travel Asia B.V. (BCD)に譲渡すると発表した。

日立物流グループは、中期経営計画(LOGISTEED2021)の重点施策の一つとして、「強固なコア領域構築のためのポートフォリオ戦略の実行」を掲げており、その一環としてこの株式譲渡を実施するもの。

HTBの手掛けるBTM(Business Travel Management)市場の成長は、グローバル化の進展に伴い、海外での成長が大きく期待されている。このような中、HTBは、同社が培ってきた企業向けサービスノウハウと、グローバルBTMマーケットのリーダーであるBCDグループの基盤やサービスラインナップを融合させることで、さらなる事業拡大を図る。

■異動する子会社の概要
名称:日立トラベルビューロー
所在地:東京都中央区八丁堀4 丁目6 番1 号
事業内容:海外旅行、国内旅行、外国人旅行、海外旅行傷害保険の取り扱い
資本金:1億円
設立年月日:1967年8月15日
大株主及び持株比率:日立物流 100%
取扱額:356億円 (2018年度実績)
日立物流の2018年度連結業績(売上収益)への寄与は約34億円 (取扱額から交通機関や宿泊施設への支払等を除いた金額)

■株式譲渡の相手先の概要
名称:BCD Travel Asia B.V.
所在地:Europalaan 400 3526 KS Utrecht, the Netherlands
事業内容:ビジネストラベル事業等

■株式譲渡前後の所有株式の状況
譲渡前:日立物流所有割合:100%
譲渡後:日立物流所有割合:30%

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集