NEDOほか/ドローン事業者のために運航管理システムのAPI仕様書を公開

2019年06月28日 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、日本電気、NTTデータ、日立製作所、ゼンリン、日本気象協会は6月28日、運航管理システムのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の仕様書を公開したと発表した。

<運航管理システムのAPI>

運航管理システムのAPI

これは、福島県と南相馬市、福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、福島ロボットテストフィールドでの、運航管理システムの相互接続試験のための環境整備に向けて、行ったもの。

APIを利用することにより、NEDOプロジェクトに参画していない国内外のドローン事業者でも、福島ロボットテストフィールド内で運航管理システムとの相互接続試験を行うことが可能となる。

今後、7月26日にAPIのテストツールを公開し、同時に福島ロボットテストフィールドでAPIの説明会を行う予定。

また、8月30日には運航管理システムのサーバーを稼働させ、福島ロボットテストフィールドで相互接続試験を行える環境を整備する。

なお、この相互接続試験は、2017年11月22日にNEDOと福島県が締結したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定に基づいて実施する予定だ。

今後の予定では、NEDO、日本電気、NTTデータ、日立製作所、ゼンリン、日本気象協会は、運航管理システムのAPIを活用した相互接続試験を福島ロボットテストフィールドで2020年2月まで実施し、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実現に向け、APIの確立を目指す。

■運航管理システムAPI提供webサイト
https://drone-trafficmanagement.jp/

最新ニュース

物流用語集