JMU/MR型プロダクトケミカルタンカー「BOXER」引渡し

2019年06月27日 

ジャパン マリンユナイテッド(JMU)は6月27日、舞鶴事業所で建造していたプロダクトケミカルタンカー「BOXER(ボクサー)」を引渡した。

<BOXER>

BOXER

BOXERはMR型(Medium Range)のプロダクトケミカルタンカーで、独自の省エネデバイス「SURF-BULB」の搭載・最適化と、高効率プロペラ、電子制御エンジン、低摩擦塗料の採用で燃費を削減。

また、温室効果ガス排出規制のEEDIで2020年以降の契約船に適用されるPhase2レベルを先取りしており、バラスト水処理装置の装備や有害物質一覧表の保持など、さまざまな環境規制に対応している。

加えて、カーゴ残渣の削減とタンクのクリーニング性向上を図るため、カーゴタンクとスラップタンクをコルゲートBhd構造としたほか、アッパーデッキの構造材を全て暴露面に配置。カーゴタンクの内面には全面に特殊塗装を施した。

【本船概要】
全長:182.50m
幅:32.20m
深さ:19.05m
総トン数:2万9447
載貨重量:4万9852トン
航海速力:15.3ノット
主機関:MAN B&W 6S50ME-B9.5 ディーゼル機関1基
定員:25名
船級:NK
船籍:シンガポール

最新ニュース