三井化学/合成樹脂輸送のモーダルシフトなどで「物流環境大賞」受賞

2019年06月27日 

三井化学は6月26日、日本物流団体連合会主催の「第20回物流環境大賞」で、山九と合同で「物流環境負荷軽減技術開発賞」を受賞したと発表した。

<専用ラックとコンテナにより段積みを実現>

<表彰式、三井化学物流部 依田企画管理グループリーダー(右)>

受賞は、合成樹脂輸送の内航船へのモーダルシフトと、積載効率向上による環境対策が評価されてのもの。

製品特性上、平置きする必要があったフレキシブルコンテナバッグを用いた合成樹脂のトラック輸送について、二段積み用の専用ラックと、このラックが収まる特殊20フィートハイキューブコンテナを製作。

これにより、積載効率を向上させると同時にコンテナ化によって内航コンテナ船へのモーダルシフトを可能とし、CO2の削減(環境への配慮)と省人化(ドライバーの働き方改革に貢献)、安定輸送の確保を実現した。

最新ニュース