オイシックス/ヤマトHDとA-FIVEを引受先とする8億円の第三者割当を実施

2019年06月26日 

オイシックス・ラ・大地(オイシックス)は6月26日、ヤマト運輸と協業の検討に関する基本合意書を締結したと発表した。

食品流通のサプライチェーン全体における社会課題の解決に向け、両社のアセットやスキルを活用する。

また同時に、ヤマトホールディングスおよび農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)を引受先とする第三者割当による新株式の発行について決議。この第三者割当により、約8億円を調達することとなり、競争力強化のため、食品流通全体サプライチェーンのネットワーク構築への設備投資に使用する予定だ。

全国約4000軒の生産者基盤を有するオイシックスと、日本一の物流ネットワークを有するヤマトHDは、この第三者割当により、資本面での提携関係を構築すると共に、ヤマト運輸との共同の取組である「ベジネコプロジェクト」の推進や、両社の持つマーケティング・物流のアセットを最大限に活用した食品流通のサプライチェーン全体における社会課題の解決に向けた検討や相互協力に関する基本合意書を締結したもの。

もう一方の割当先であるA-FIVEは、日本の農林水産業のさらなる強化・成長に向け、事業者への出資・経営支援を行っている。オイシックスとA-FIVEは日本の食産業の発展のための取り組みを行い、まずは、6月27日にオイシックスの販売サイト内に開設する、独自の技術や製法を持つ国内外のスタートアップ企業や小規模の生産者・メーカーの食材を集めた「クラフトマーケット」コーナーに、A-FIVEの出資先及び連携している生産者の商品を取り扱い、生産者の価値向上に貢献する活動を行う。

この第三者割当により、ヤマトHDとA-FIVEとは、資本面での提携関係を構築し、食品流通サプライチェーンにおける包括的な相互協力を推進する。

調達する資金の額は約8億円となり、国内の食品宅配分野において、今後より一層の競争優位性を獲得するため、食品流通のサプライチェーンのネットワーク構築への設備投資を実施する予定。なお、支出時期は本年7月~2022年3月を予定している。

最新ニュース