日通/「SNAM サステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定

2019年06月26日 

日本通運は6月26日、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM:エスナム)が設定する2019年度「 SNAM サステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に選定されたと発表した。

<「SNAM サステナビリティ・インデックス」>

SNAM サステナビリティ・インデックス」

運用が開始された2012年から、8回目の選定になる。

このインデックスに基づくSNAM サステナブル運用は、 SNAMが2012年8月から運用を開始したESG(環境・社会・ガバナンス)の評価が高い企業に幅広く投資する年金基金・機関投資家向けの運用プロダクト。財務諸表に現れない経営のクオリティや隠れたリスク等、長期的な観点から企業価値を評価することを通じて、長期投資家の資産形成に寄与することを目的としている。

日通は「日通グループ 経営計画 2023 ~非連続な成長 D y namic Growth 」における長期ビジョン実現のための取り組みとして、「持続的成長と企業価値向上のためのESG経営の確立」を掲げており、これからも物流を通じて、持続可能な社会への更なる貢献と企業価値向上に努めていくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース