濃飛倉庫運輸/物流環境大賞で物流環境保全活動賞を受賞

2019年06月25日 

濃飛倉庫運輸は6月25日、「第20回物流環境大賞選考委員会」で同社と飛騨産業が「物流環境大賞 物流環境保全活動賞」に選ばれ、日本物流団体連合会の定時総会で表彰されたと発表した。

飛騨産業と濃飛倉庫運輸は、飛騨産業の北海道工場で生産された家具製品を全国各地に輸送する際、北海道から岐阜県までの幹線輸送で鉄道コンテナを活用。県内にある濃飛倉庫運輸の岐阜輸送センター営業所から着荷主までの輸送をトラックで行い、CO2排出量の削減を実現したことが評価された。

濃飛倉庫運輸の物流環境大賞受賞は、2015年度の「第16回物流環境特別賞」、2016年度の「第17回日本物流記者会賞」、2017年度の「第18回物流環境特別賞」に続いて4度目。

関連キーワード:

最新ニュース