伊藤忠商事/フランスの物流ビッグデータ企業と資本・業務提携

2019年06月25日 

伊藤忠商事は6月25日、フランスに本社を置くTRAXENS SAと資本・業務提携すると発表した。

2012年創業のTRAXENS社は、独自開発のIoTトラッキングデバイスと物流情報プラットフォームを中心に、複雑化するサプライチェーンのリアルタイムモニタリングソリューションを提供する企業。

これらのソリューションにより、海上輸送コンテナ、鉄道輸送コンテナ、トラックなど、グローバル物流で用いられる多様な輸送形態に対応し、陸海一貫輸送で地理的・時間的な制約の無いシームレスなトレース、リアルタイムでの物流データ収集が可能となる。

物流業界でトレーサビリティ需要が高まる中、TRAXENS社では2020年初頭までに大手海運事業者2社が保有する海上コンテナ10万台への採用が決まっており、今後もユーザー数の拡大が期待されている。

今回の提携を通じて、伊藤忠商事はTRAXENS社のソリューションを日本やアジア市場を中心に拡販。

また、TRAXENS社が持つ物流ビッグデータの収集・利活用技術と伊藤忠グループの各事業・顧客基盤とを組み合わせ、物流ビッグデータ領域での新たなビジネスモデル創出を目指す。

■TRAXENS社の概要
本社所在地:フランス マルセイユ
設立:2012年4月
事業内容:サプライチェーンのモニタリングソリューション開発・提供

最新ニュース