日本GLP/兵庫県尼崎市で1.7万m2のシングルテナント向け施設を開発

2019年06月25日 

日本GLPは6月25日、兵庫県尼崎市で延床面積約1万7000m2の先進的大型物流施設「GLP 尼崎III」の開発を決定したと発表した。

<「GLP 尼崎III」外観完成イメージ>

「GLP 尼崎III」外観完成イメージ

総開発費用は約45億円で、2020年5月着工予定、2021年5月竣工予定。「GLP尼崎III」は、「GLP 尼崎」、「GLP 尼崎II」に続き日本GLPが尼崎市内で運営する3件目の物流施設となる。

「GLP 尼崎III」は、阪神高速3号神戸線「尼崎西IC」から約1km、国道43号線から約650mと、物流拠点としてのアクセスに優れている。住宅エリアからも至近であることに加え、阪神電鉄「尼崎センタープール前駅」より約1kmと徒歩圏内であるほか、近くに路線バスの停留所があるなど通勤もしやすく、雇用確保の面においても恵まれている。また、周辺には食品流通系企業やメーカー系物流企業などの工場が集まり、先進的物流施設へのニーズが高いエリアと言える。

「GLP 尼崎III」は、シングルテナント向けの施設として計画されており、特徴は、基本的な倉庫仕様に加えて、床の耐荷重強化や、より高い天井高への変更、工場用途や冷凍冷蔵向けの追加対応など10以上の豊富なオプションの中から個別ニーズに合わせてカスタマーがセレクトでき、施設スペックを充実させることが可能な点。

また、徒歩10分の距離にあるマルチテナント型施設である「GLP 尼崎」との一体運用により、テナントの施設管理コストの削減につながる等のシナジー効果も期待できる。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「『GLP 尼崎III』は、高速や国道からのアクセスに優れ、人口集積度の高いエリアにも位置しており、広域配送からエリア配送まで幅広く対応可能な物流拠点。日本GLPは、尼崎市内で2施設を運営しており、両施設とも満床稼働を継続している。今回、こうした尼崎エリアでの実績と経験を活かしながら、カスタマーが各々のニーズに合わせて、幅広いオプションの中から必要な施設スペックを選ぶことのできるシングルテナント向け物流施設を開発する。今後も様々な業種のテナント企業に、最適かつ付加価値の高い物流施設を提案していく」と述べている。

■施設概要
施設名:「GLP 尼崎III」
所在地:兵庫県尼崎市道意町6丁目
敷地面積:約8500m2
延床面積:約1万7000m2
構造:地上4階建て(1階にトラックバースを設置)、耐震・鉄骨造
着工:2020年5月(予定)
竣工:2021年5月(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

最新ニュース

物流用語集