日通/引越しでQRコード決済の利用が可能に

2019年06月24日 

日本通運は6月24日、NTTコミュニケーションズを通じてマルチ決済アプリケーション「StarPay」を導入し、引越料金の支払いを対象に、QRコード決済の取り扱いを開始した。

<モバイル決済専用端末「StarPay POS」>

モバイル決済専用端末「StarPay POS」

これまで顧客の引越料金の支払いについては、現金またはクレジットカードのみの取り扱いだったが、今回の「StarPay」の導入により、QRコード決済の取り扱いが可能となり、顧客のスマートフォンを通じ、簡素化された決済手続きが利用できる。

利用可能な決済サービスは、楽天ペイ(アプリ決済)、WeChat Pay、Alipay
(その他、LINE Pay、PayPay、メルペイ、d 払いも順次導入予定)。利用対象は国内引越を利用の顧客(支払方法が会社請求の顧客、海外引越、航空貨物は対象外)。

利用可能エリアは住まい(現住所)が、東京都では、練馬区、板橋区、北区、新宿区、中野区、豊島区、文京区、杉並区、墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区、埼玉県が八潮市、三郷市、千葉県が松戸市、流山市、大阪府が大阪市中央区、大阪市淀川区、大阪市北区、大阪市福島区。引っ越し先は全国が対象。

今後、2019年9月以降、利用可能エリアを順次全国に拡大予定だ。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集