商船三井/香港洋上LNG受入基地向けに長期傭船契約を締結

2019年06月24日 

商船三井は6月24日、香港で計画されている洋上LNG受入基地向けに、FSRU1隻の長期傭船契約及び洋上の固定桟橋の長期保守操業契約を締結したと発表した。

<トルコで操業するMOL FSRU Challenger(左)>

トルコで操業するMOL FSRU Challenger(左)

2017年に韓国の大宇造船海洋で竣工した世界最大のFSRU「MOL FSRU Challenger」を投入する。香港は歴史的に商船三井の海外重要拠点であり、同地において長年培った地場の強固なネットワークを活かし、このプロジェクトに参画したもの。

プロジェクトは、香港政庁が大気汚染を含む環境改善を目的に発電燃料の約半分を天然ガス化する政策の実現に向けて計画する香港初のLNG受入プロジェクト。洋上LNG受入基地は2021年操業開始(予定)に向け香港南海上(ソコ群島東方)に建設され、新界地区にあるブラックポイント火力発電所、及びラマ島にあるラマ火力発電所の2カ所に天然ガスを供給する。

また、商船三井はRoyal Vopak N.Vと桟橋の長期保守操業に関する契約を締結した。Vopak社はタンクターミナル運営の世界最大手であり、Vopak社の世界的な実績を活かし、このプロジェクトの桟橋の長期保守操業体制構築を進める。

なおこの船は、2017年から2020年までの期間はトルコ国営ガスパイプライン会社ボタスが運営する地中海岸ドルチェルのLNG受入基地にて供用されている。

■概要
名称:MOL FSRU Challenger
全長:345.00m
全幅:55.00m
LNG貯蔵能力: 263,000立方メートル

最新ニュース