エアロネクスト/中国メーカーと物流ドローン事業で提携

2019年06月21日 

エアロネクストは6月21日、中国の産業ドローンメーカーである深セン智航無人機(SMD)と、物流ドローン事業の中国、日本、アジア全域での本格的市場立ち上げを目指し、戦略的提携を行なったと発表した。

<エアロネクストの田路圭輔CEO(右)、深セン智航無人機のEdward Jin董事長(左)>

両社は、エアロネクスト独自の重心制御技術「4D GRAVITY」テクノロジーを搭載することによって可能になる新しい物流用途を共同で開拓することを目指し、4D GRAVITY搭載の物流ドローンを活用した事業開発に着手する。

同時に、SMDはエアロネクストが持つ日本でのリソースを活用し、日本の産業ドローン市場でのユースケースの開発にも積極的に関わり、日中の産業ドローン市場の拡大に寄与していく方針だ。

4D GRAVITYテクノロジーは、ドローンの機体構造を根本的に見直し開発したもので、従来のドローンでは実現できなかった安定性と信頼性を獲得できる。

深センに本社を構えるSMDは、大型積載量かつ長時間飛行が可能な物流用途に強みをもつ産業ドローンメーカー。物流領域で、中国大手航空物流企業や中国郵政などの顧客基盤を軸に、山間部や離島間輸送で豊富な経験と実績を有している。

エアロネクストは、中国市場をグローバル展開のショーケースと位置付けており、産業ドローン領域で多くの経験と実績を有するSMDを中国市場での戦略的パートナーに迎えることで、顧客の具体的な課題に適応した物流ドローン機体の開発を加速させる狙い。

5月には、深セン市に現地法人「天次科技(深セン)(英文名Aeronext Shenzhen)」を設立し、中国市場での4D GRAVITYテクノロジーライセンスビジネス推進に着手している。

最新ニュース

物流用語集