NTTロジスコ/千葉県市川市で5.7万m2の物流センターを2020年3月竣工

2019年06月21日 

NTTロジスコは6月21日、開発を進めている千葉物流センターE棟が2020年3月に竣工する予定とし、そのセンターの特設Webページを開設したと発表した。

<千葉物流センターE棟完成イメージ図>

千葉物流センターE棟完成イメージ図

<上空から見た千葉物流センター(手前がE棟)>

上空から見た千葉物流センター(手前がE棟)

<センター内にはコンビニを設置>

センター内にはコンビニを設置

千葉物流センターは、敷地内にA~D棟までの4棟があり、通信機器・IT機器等の検査や設定を行うIT機器物流、通信販売物流、部品物流、医療機器物流等を中心に3PLサービスを提供している。

恵まれた立地条件と物流センターの管理能力を多くの顧客から評価を得て、当センター敷地内の4棟の倉庫が満床。2018年末新たにE棟の建設に着手したもの。E棟は、約2万8380m2の敷地に地上4階、延床面積5万7117m2の大型物流施設で2020年3月に竣工を予定している。

特設Webページでは京葉道路、首都高速湾岸線、東京港、羽田空港などあらゆる交通アクセスに有利な立地条件、JR京葉線二俣新町駅徒歩5分の環境、スタッフの働きやすさを追求したアメニティ設備の詳細などが閲覧できる。

■センターの概要
所在地:千葉県市川市二俣717-88
構造:RC造+S造 地上6階建 (倉庫フロア4階)
延床面積:約57,117m2 (約17,278坪)
※千葉物流センター全体面積:約141,652m2(約42,850坪)
着工:2018年11月
竣工予定:2020年3月
特設Webページ
https://www.nttlogisco.com/lp/chiba_e_lp.html

関連キーワード:

最新ニュース