NEXCO中日本/渋滞予測にAI活用、技術開発に着手

2019年06月20日 

NEXCO中日本は6月20日、高速道路ドライブアドバイザーが行っていた数か月先の渋滞予測について、AIを活用して予測する技術の開発に着手したと発表した。

<AIの活用による渋滞予測の活用イメージ>

お盆の交通混雑期にAIによる渋滞予測の結果を検証し、今後の渋滞予測業務への活用を目指す。

高速道路ドライブアドバイザーが過去の渋滞実績を重ね合わせ、曜日配列や道路状況の変化、周辺イベントの影響などを考慮して行っていた渋滞予測について、データ取得を自動化するとともに、手作業でおこなっていた「過去3年分の渋滞実績の重ね合わせ」「過去の渋滞実績の精査」「補正作業」の作業にAIを活用し、作業時間の大幅な短縮を図る狙い。

<AIによる渋滞予測の概念図>

AIによる渋滞予測モデルは、過去の渋滞実績データを機械学習し、将来のある日時や場所での交通集中に伴う渋滞発生の有無と渋滞長を予測するもの。今回の開発は、管内の全路線のうち、過去に渋滞が発生している主要なボトルネックを対象とし、2013~2017年までの5年分の渋滞実績データを教師データとして学習に使用する。

今後は、予測結果の検証を重ね、教師データの充実やAIの予測精度を向上させることにより、事故や異常気象などの突発事象や工事規制に伴う渋滞など、AIによる渋滞予測の対象範囲の拡大を検討する方針だ。

AIの活用による渋滞予測技術の開発は、最新のICT技術を活用した新しい取り組みを推進するi-MOVEMENTプロジェクトの一環。

最新ニュース