日通/山形県飯豊町「日通の森」で、夏の森林育成活動を実施

2019年06月20日 

日本通運は、6月15、16日、山形県飯豊町の「日通の森」で通算29回目となる森林育成活動を実施し、日通従業員とその家族40名が参加した。

<草刈りの様子>

草刈りの様子

<巣箱作りの様子>

巣箱作りの様子

<「日通の森」で集合写真>

「日通の森」で集合写真

「日通の森」森林育成活動は、日本通運グループ環境憲章の行動指針である「地球温暖化防止、生物多様性の保全、循環型社会の構築に取り組む」ための環境社会貢献活動の一環で、良き企業市民として地域社会と連携した地球環境保全に貢献している。

活動初日は、「日通の森」で、森林インストラクターや 地元運営委員の指導のもと、過去に植えた苗木の生育を妨げる雑草を刈り払う下草刈り作業、子どもたち は森林資源の活用として鳥の巣箱作りや、「ほだ木」にキノコの植菌をした。2日目 は、さくらんぼ狩りなどの農業体験や雪室見学、農家民宿で現地の郷土料理を楽しむなど、自然と触れ合いながら地元の人々との交流を深めた。

最新ニュース