日通/G20大阪サミットで大幅な運行遅延等の影響を予測

2019年06月19日 

日本通運は6月19日、大阪市でG20サミットが6月28日から29日の間、開催されることから、同社が提供する輸送サービスにおいても、集荷・配達の見合わせ、または遅延が発生する可能性があると発表した。

G20大阪サミットは6月28日から29日までの間行われる。それに伴い、各国首脳等が車両で移動することから、大阪府及び兵庫県内の高速道路及び主要一般道路において、大規模な交通規制が実施される。

大阪府警察からは、経団連及び全ト協等を通じて、6月27日から6月30日までの間、平日交通量の50%削減に向けて、「対象地域等への自動車の乗り入れの自粛」・「業務用車両における物品の納品等の前後日程へのシフト、深夜・早朝時間帯への変更」等の要請があり、大阪府内及び兵庫県内の一部エリアにおいて、交通規制、交通混雑による大幅な運行遅延・支障の発生が予測される。

期間中での各種サービスへの対応については、すでに個別に案内・相談している顧客を除き、各営業担当窓口へ問い合わせてほしいとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集