豊田通商/AIによる画像解析の車両検査サービス会社に出資

2019年06月19日 

豊田通商は6月19日、AIを活用した画像解析による車両検査サービスを提供するイスラエルのスタートアップ企業UVeye Ltd.(ユーブイアイ)の第三者割当増資に参加し、同社へ出資したと発表した。

<車両下部撮影ユニット>

車両下部撮影ユニット

<画像データからの検出・診断>

画像データからの検出・診断

UVeye社は、カメラを搭載した車両撮影ハードウェアと、画像から車両の異常を検知するソフトウェアを開発し、その組み合わせによる自動車の車両下部の検査システムを構築、同システムを使った検査診断サービスを世界70か所で提供している。

撮影ユニットの上を車両が通過すると、車両下部をスキャンし画像データを取得する。撮影した画像データを3Dイメージ加工し、予め深層学習した異常検出エンジンにより、錆、オイル漏れ、部品欠落などの車両異常や異物などを検出、識別する。

車両の通過から、画像取得、診断結果の出力までを数秒で完了でき、このサービスの利用により検査の迅速化と効率化が図れる。また、一連の検査・診断に際して人を介さず自動化することで、検査結果の信頼性が向上し、車両メンテナンスでの活用や、重要施設入構時の車両セキュリティ検査などへの利用が見込まれる。

また、UVeye社は現在、車両下部の検査だけでなく、車両ボデーやタイヤなども含めた車両全体を一度に検査するシステムを開発中だ。

元々、セキュリティ用に開発されたシステムだが、約100万台の車両のデータをディープラーニングし、ほぼすべての車両に対応できるとしている。乗用車からトラックまで、ガソリン車、ディーゼル車、EV問わず対応していることから、物流企業でのトラックの車両検査が自動でてきることになる。

今回の出資により豊田通商は、UVeye社のビジネスパートナーとして、同社製品とサービスの販売権を取得し、100%子会社である豊通オートモーティブクリエーションと共同で、自動車業界やセキュリティ業界への販売を中心にサービスの拡販を行っていく。また同時に、自動車業界に限らず、新たな検査サービスをUVeye社と共同開発し、サービスエリアの拡大を図っていくとしている。

■UVeye社
会社名:UVeye Ltd. (ユーブイアイ)
所在地:イスラエル国・テルアビブ
設立年:2016年
資本金:3500万米ドル
従業員数:100名
事業概要:AIを活用した車両の自動異常検知システムの開発・診断サービス事業

最新ニュース