シンガポール航空/医薬品輸送サービスを拡充

2019年06月18日 

シンガポール航空は6月18日、高品質貨物サービス「THRUCOOL(スルークール)」による医薬品輸送サービスを拡充すると発表した。

温度管理コンテナを提供するスカイセル社と、5月1日から3年間のリース契約を締結。合わせて、6月13日からTHRUCOOLの路線(チューリッヒ~シンガポール~シドニー)にアムステルダムとホーチミンを追加した。

スカイセルのスイス製コンテナは、特許を持つ最先端の断熱材や従来比5倍のエネルギーを蓄えられる冷却技術により、周囲の温度に関係なくコンテナ内の温度を一定に保つことが可能。IoTセンサーが搭載されており、データクラウドに接続して品質を確認することもできる。

また、THRUCOOLは厳格な時間・温度管理を必要とする医薬品の輸送に対応した低温流通体系で、2018年9月にサービスを開始。アムステルダムとホーチミンが路線に加わることで、アムステルダムまたはチューリッヒからシンガポール経由でホーチミンやシドニーへまでTHRUCOOLを利用できるようになり、輸送中のどのタイミングでも医薬品の品質保持に最大限の注意を払うことが可能になった。

シンガポール航空のチン・ヤウ・セン シニア・バイス・プレジデント・カーゴは、「THRUCOOLによる高品質低温流通ネットワークの拡大と、スカイセルとの新たなリース契約によって、時間や温度の厳格な管理が必要な医薬品貨物を輸送する低温流通サービスの向上に努めていく。今後はさらなるサービス拡充に加え、業界パートナーとの協力によって革新的な医薬品輸送を目指す」とコメントした。

関連キーワード:

最新ニュース