ヤマダ電機/ネットでの注文品を宅配ボックスで受け取る実証実験開始

2019年06月18日 

ヤマダ電機は6月18日、サイブリッジグループ傘下のERY JAPAN LLC(ERY JAPAN)と協同でヤマダ電機の通販サイト「ヤマダウェブコム」で注文した商品を宅配ロッカー「ERYBOX(エリーボックス)」で受け取る実証実験を YAMADA ホールセール江東
新砂店で開始した。

<新砂店で開始したERYBOX>

新砂店で開始したERYBOX

この実証実験では、ERY JAPAN が提供する宅配ロッカー「ERYBOX」を YAMADA ホールセール江東新砂店の店頭に設置。顧客がヤマダ電機のネット通販サイトであるヤマダウェブコムで家電などの商品注文時に宅配ボックスで受取ることを選択した場合、店頭の「ERYBOX」からいつでも好きな時間に商品を受取ることができる。

また、佐川急便の再配達の指定を「ERYBOX」にすることにより、顧客の商品受取りの利便性が高まるだけでなく、再配達による CO2(二酸化炭素)の排出発生の削減にもつながる。

ヤマダ電機は、ネット通販事業を展開するにあたり、配達拠点から顧客の手元に確実に届けるまでの「ラストワンマイル問題」が課題のひとつと認識。

このような中、全国の店舗を配達の拠点にすることにより配達の便宜性を追及してきた。また、ネットでの注文品を顧客が指定した店頭で渡す「お店 de 受け取り」のサービスはすでに2016年から運用をしており、お店で商品を渡すことで便宜性を提供できていたが、顧客が商品を受取れる時間帯は店舗がオープンしている時間帯に限られるという制限があった。24時間アクセス可能な宅配ボックスでの受取が可能になることにより、顧客にはさらなる便宜性を提供できることとなる。

今後実証実験に基づき、顧客にとって利便性の高い駅前などの店舗に2号機・3号機も設置予定だ。

最新ニュース