中国のロボット市場/溶接・塗装系から組立・搬送系に需要増

2019年06月17日 

富士経済は6月17日、「急成長する中国新興ロボット関連プレーヤーの最新動向調査」 により、中国の産業用ロボットの市場調査結果を発表した。

<中国の産業用ロボット市場>

中国の産業用ロボット市場

それによると、中国の産業用ロボット市場は2018年が3705億円だったが、2025年予測では、9838億円(2018年比2.7倍)としている。

中国の産業ロボット市場は、主に自動車の製造に使用される溶接・塗装系が市場をけん引してきたが、人手不足や人件費の高騰を背景に自動車製造以外の用途でもロボット需要が増えており、近年は組立・搬送系が伸びている。

2019年は米中貿易摩擦の影響緩和が期待され、人手不足や人件費の高騰を背景とした底堅い自動化ニーズにより今後の伸びが予想される。スカラロボットや小型垂直多関節ロボットなどの伸びが市場拡大をけん引するとみられる。

市場全体として、2018年前半までは大幅な伸びがみられたが、2018年後半から設備投資の抑制により伸びが鈍化した。ただし、2019年後半には設備投資の回復により堅調な伸びが予想され、2025年の市場は2018年比2.7倍の9838億円が予測される。

なお、中国の産業ロボット市場は、人手不足や賃金上昇への対応、スマートフォンや自動車関連をはじめとした主要需要分野の好調などにより、今後も中長期的には堅調な拡大が予想される。また、国家主導による中国メーカー・部材メーカーの育成なども進んでいる。市場拡大に伴い、大手メーカーに限らず中小も含めた様々なメーカーが実績を伸ばしており、今後は新旧ロボットメーカーのシェア構造の変化が想定されるとしている。

関連記事

最新ニュース

物流用語集