日立物流、GROUND/次世代型物流開発で協業

2019年06月17日 

日立物流とGROUNDは6月17日、日立物流が2019年9月に埼玉県春日部市で本格稼働を予定している「シェアリング型EC プラットフォームセンター(ECプラットフォームセンター)」構築に向けた協業について合意したと発表した。

協業の目的は、両社の技術とノウハウを共有し、「ECプラットフォームセンター」の構築に関する協力体制を協議するとともに両社による物流改革を推進する。

協業の内容は、日立物流の「EC プラットフォームセンター」構築に向けたGROUND のノウハウおよびテクノロジーの活用、GROUND が有するLogiTechソリューションの活用、国内の物流・EC 改革に向けた協力・支援体制構築に向けた協議となっている。

両社は、EC・物流サービスの需要拡大に伴うさまざまな問題解決に資する複合的なソリューションの拡充と開発に向けた協力・支援体制を構築し、共に国内の物流改革に貢献するとしている。

なお、日立物流は、2019年度よりスタートした中期経営計画「LOGISTEED 2021」において、キーワードの一つとして「シェアリングエコノミー」を掲げ、新鋭の物流設備や倉庫スペースを複数のEC 事業者が従量課金で利用できる「EC プラットフォームセンター」の開設・展開をめざしている。

GROUND は2015年の設立以来、物流業界での新しい価値創出と、AIやロボティクス等の先端テクノロジーを活用したソリューションを誰もが利用できる物流プラットフォーム「Intelligent Logistics」の構築をめざしている。

最新ニュース