PALTAC/MUJINと物流センター自動化で協業、ケース積み付け機械化

2019年06月14日 

PALTACは6月13日、MUJINと協業し、物流センターのケース積み付けを自動化すると発表した。

<RDC埼玉>

RDC埼玉

埼玉県杉戸町で11月に稼働予定の大型物流施設「RDC埼玉」に、MUJINの最新ロボットパレタイズソリューションを導入。複数台のAIケース積み付けロボットを活用することで技術的難易度が高い出荷時のケース積み付け工程を自動化し、ケース出荷に伴う重労働のさらなる削減を進める。

<コンベア上のケースをカゴ車へ自動積み付け>

MUJINのロボットパレタイズソリューションは、商品の形状・サイズ・重量などの情報をもとに、パレットやカーゴ車、カートラックといった出荷マテハンに対する最適な積み付け位置を自動で決定することが可能。従来は人が総合的に判断することで実現されていた複数種別の出荷マテハンに対する多品種のケース積み付け作業を自動化し、作業環境の改善と生産性の向上を図る。

MUJINの最新ロボットパレタイズソリューションを物流センターに導入するのは日本で初。また、同一ロボットによる3種別以上の出荷マテハンに対する積み付けは世界初の取り組みとなる。

最新ニュース