三菱倉庫、中外製薬/物流業務で委受託契約締結、中外物流解散

2019年06月14日 

三菱倉庫と中外製薬は6月14日、中外製薬が取り扱う医薬品に関する物流業務を三菱倉庫へ委託する業務委受託契約を締結したと発表した。

三菱倉庫が運営する物流センターは、2021年1月より稼働予定。東西2拠点体制とする予定だ。

現在物流業務を受託している中外製薬の 100%子会社である中外物流については、三菱倉庫での物流センター稼動後、解散の予定。

医薬品の流通管理については、2018年に医薬品の適正流通(GDP: Good Distribution Practice)ガイドラインが発出され、輸送・保管過程における医薬品の品質保持を担保するための手法が定められた。

また、大規模災害などによる事業継続計画(BCP: Business Continuity Planning)への対応の強化や、配送に関するリスク低減の対策など、製品の流通管理を取り巻く外部環境の変化への対応が必要となっている。

一方、中外製薬は、2019年からの中期経営計画「IBI 21」における5つの戦略の一つとして「人財の強化と抜本的な構造改革」を掲げ、事業プロセスやコスト構造の見直しを行うこととしている。イノベーション創出に経営資源を集中し、持続的成長への投資と収益体質への変革を図る取り組みを進めるなか、今般、物流業務を三菱倉庫に委託することにより、高い専門性のもと、物流機能の高度化と効率化を図ることを目指す。

最新ニュース