アイリスオーヤマ/70億円投じ、フランス工場を竣工

2019年06月14日 

アイリスオーヤマは6月14日、グループのIRIS OHYAMA FRANCE SASが、6月13日(現地時間)に「フランス工場」を完成し、竣工したと発表した。

<フランス工場>

フランス工場

フランス工場は、1998年に設立されたオランダ工場に続く欧州の第2拠点として稼働する。パリから南南東約40kmに立地し、物流拠点としての利便性も高く、フランス国内を中心にスペイン、イタリア、イギリス向けの家電製品、収納用品の生産を予定している。

欧州においてもインターネット通販の市場が拡大傾向にある。インターネット通販では、販売先、配送先が欧州全域に広がるため、フランス工場を新設することで、インターネット通販における効率的な物流体制を整える。

また、アイリスグループの基幹工場である大連工場で生産しているLED照明や家具製品、ペット用品や物干しなどの日用品の物流センターの役割も担う。これにより、インターネット通販向けの製品ラインアップを拡充でき、インターネット通販での多様な顧客ニーズに対応する供給体制を構築する。

なお、アイリスオーヤマはヨーロッパ(オランダ)に進出して21年目となる。この度、竣工したフランス工場はアイリスグループ30拠点目となる工場。現在、ヨーロッパ向けの販売構成はプラスチック製収納用品が大半を占めているが、今後は家電製品の販売を強化する。更にフランス工場への設備投資・人材採用を続けることにより2022年までに年間売上高1億2000万ユーロ(約150億円)、150名を雇用する企業へ発展させていきたいとしている。

■概要
名称:IRIS OHYAMA FRANCE SAS (フランス工場)
設立:2017年4月
所在地:990 Avenue Marguerite Perey 77127 Lieusaint FRANCE
敷地面積:11万9690m2
建物総面積:6万4951m2
総投資金額:約70億円
生産アイテム:家電製品(2020年より生産開始)
プラスチック製生活用品(収納用品、ペット用品)
従業員数:50名(新規雇用人数:47名)
2022年 150名以上を予定
販売計画:1億2000万ユーロ(2022年までの単年売上高)
成型機:26台(2022年:120台まで増設予定)
販売先:大手チェーンストア、スペシャリティストア、インターネット通販

最新ニュース