ZMP、サトー/物流支援ロボットと経路ナビゲーションを連携

2019年06月13日 

ZMPとサトーは6月13日、自動運転技術を応用することで自律的に移動できる物流支援ロボット「CarriRoR(キャリロ)AD(自律移動モデル)」に、サトーが提供する経路案内ソリューション「Visual WarehouseR」が連携することで、倉庫内でのピッキング(荷揃え)作業者の歩行距離を最小限にする機能「Visual Warehouse for CarriRo」を発表した。

サトーの「Visual Warehouse」は、独自のアルゴリズムで倉庫内ピッキング作業者の最短移動経路を算出し、「画像」と「音声」で指示するナビゲーションシステム。作業者が端末で宣言した現在地情報と在庫商品の座標情報から、ゴールまでの最短ルートを仮想マップ上で割り出して指示する。

「Visual Warehouse for CarriRo」では、「Visual Warehouse」により算出した作業者の最短ルート情報および、そこから計算された最適な合流地点の情報が、「CarriRo AD」が走行する際のランドマーク(ルート上の目印)情報として共有される。「CarriRo AD」はその情報に沿って自律走行し、作業者との最適な合流地点で待機する。この機能を活用することによって、さまざまな運用が可能になる。

<ゾーンピッキング方式での概要図>

例えば、ゾーンピッキング方式だと、各作業者は、作業者ごとに分割されたエリア内でピッキング作業に専念できる。「CarriRo AD」は、「Visual Warehouse」からの指示を受け、最短ルートでエリアを自律走行し、指示された場所で待機。作業者がピッキングし終えた商品を「CarriRo AD」に積載した後に、「CarriRo AD」は次のエリアに自動走行し、最終的にピッキング作業を完了する。

これを繰り返すことで、作業者の歩行距離を最小限にし、ピッキングに要する人手を削減する。また、作業者は特定のエリアでピッキング作業に専念できるため、作業性の向上にも貢献する。「Visual Warehouse」は、多くの顧客の現場で、一般的に20%の生産性向上を実現するが、この連携により、それ以上の生産性向上が見込まれるとしている。

「CarriRo AD」は、場所を選ばず柔軟なルート設置が可能、さらにカルガモモード(追従モード)も搭載しているため、「ゾーンピッキング」以外にも、エリア内で複数の「CarriRo AD」が作業者の追従・待機を駆使しピッキングを助けるなど、すでに業務フローやレイアウトが固まっている既設センターや工場でも円滑に活用できるという。

最新ニュース