JPR/月額使用料ゼロ円の入荷予約受付システムをリリース

2019年06月12日 

日本パレットレンタル(JPR)は6月12日、子会社のTSUNAGUTE(ツナグテ)が、入出荷予約受付システムのクラウドサービス「telesa-reserve(テレサリザーブ)」を7月にリリースすると発表した。

<システムイメージ>

システムイメージ

<利用料金>

利用料金

この入出荷予約受付システムは、サプライチェーンにおける現場での作業の利便性を追及しながら納品予定や荷待ちの見える化を実現し、効率的な倉庫運用を支援する。

特徴の一つが基本月額使用料が無料。これは、日本の物流を支える多くの人が手軽に導入し、業務効率化が実現できるよう、全機能の基本月額使用料を無料で提供することにしたもの。

また、SMSの他、ドライバーへ電話での音声通知にも対応可能。今後JPRの提供するepalDDとの連携を予定している。予約と同時にパレット伝票の電子化が可能になる。

機能面では、アプリ、Webでの事前入場予約、当日の入場受付登録(タブレット受付)、バラ専用、パレット専用、特定荷主専用等の条件に応じたバースの予約設定、スマホ、PCでのバース割り当て/ドライバーの呼び出し、ドライバーへの通知(SMSまたは電話通知)、現場作業進捗のモニター表示、ドライバーの受付時間、呼び出し時間、作業完了の実績記録等を盛り込んでいる。

最新ニュース