フジテックス/人手不足解消にロボット倉庫マッチングサービス開始

2019年06月12日 

フジテックスは6月12日、ECで事業を拡大する荷主・3PL企業向けのサービスとして、「ロボット倉庫マッチングサービス」を本格的に開始すると発表した。

<システム概要図>

システム概要図

入出荷数量が増える中、人手不足が深刻、自社でのロボットの導入は難しいが売上を拡大したい。「ロボット倉庫マッチング」は、そういった企業とロボットを導入した物流会社とのマッチングを行うもの。

第一弾として、東京都江東区に新設される物流施設で、佐川グローバルロジスティクスが運営するEC事業者向けのプラットフォームセンターを展開する。このプラットフォームセンターは、フジテックスが納入するギークプラス社の棚自動搬送ロボット、オカムラが納入するオートストアを完備した、シェアリング・フルフィルメントサービス型のCE事業者向け最新鋭のセンターとなる。

フジテックスでは、BtoCだけではなくBtoBにも対応した「ロボット倉庫マッチングサービス」を近日中に展開していくとともに、これからの社会変化に対応した、製品・情報・サービス提供をしていくとしている。

■「ロボット倉庫マッチング」サービス
https://www.chuko-matehan.com/logiplanners/robot_matching/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集