大塚テクノ/ベトナム ドンナイ省に医療用包装資材の新工場建設

2019年06月11日 

大塚テクノは6月10日、ベトナム ドンナイ省に医療用包装資材などの新工場を建設すると発表した。

新工場は、6月7日に設立した新会社「大塚テクノベトナム」の拠点。地上2階建て延床面積8600m2の建屋を建設する計画で、計画を取りまとめて年内にも建設に着手し、2021年10月の稼働開始を目指す予定だ。

新工場では、競争力のある生産体制のもと、輸液製剤に使用するプラスチックフィルムやキャップ、ポートなどの医療用包装資材を製造し、成長著しいアジア地域での供給拡大を図る方針。将来は医療用プラスチックデバイスや医療機器などに生産を広げることも検討している。

■大塚テクノベトナム(新工場)の概要
所在地:Nhon Trach Industrial Zone 6, Long Tho commune, Nhon Trach district, Dong Nai Province, Vietnam
設立:6月7日
資本金:1500万USD
事業内容:医療用包装資材、医療機器、電子部品などの製造販売
従業員数:100名(予定)
構造:鉄骨造り2階建て
延床面積:8600m2
着工:2019年内(予定)
稼働開始:2021年10月(予定)

最新ニュース