ソフトバンク/高速道路で5G利用、トラック隊列走行の自動制御に成功

2019年06月11日 

ソフトバンクは6月11日、5Gの新たな無線方式(5G-NR)の無線伝送技術に基づく車両間通信の屋外フィールド試験として、新東名高速道路でトラック隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)の実証実験を行ったと発表した。

<実験の構成図>

実験の構成図

<実証実験の実際の様子(静岡県内)>

実証実験の実際の様子(静岡県内)

<後方からのトラックの様子>

後方からのトラックの様子

「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活用して、高速道路を隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有し、車間距離自動制御を行うことに、世界で初めて成功した。この成功は、トラック隊列走行の早期実用化に寄与するもので、ソフトバンクは引き続き実験を推進していくとしている。

新東名高速道路の試験区間(約14km)を時速約70kmで走行する3台のトラック車両間で、5Gの車両間通信(4.5GHz帯使用、無線区間の伝送遅延1ms以下)を用いて位置情報や速度情報などを共有し、リアルタイムでCACC(Coordinated Adaptive Cruise Control、協調型車間距離維持制御)を行った。

実験は、一般車両が走行する高速道路(公道)という実用的な環境下で行い、試験区間において、CACCによる安定した隊列維持に成功した。

今後もソフトバンクは、「5G-NR」の無線伝送技術に基づく車両間通信に特有な電波伝搬環境や技術的要求条件を把握する目的で、車両間通信の標準化に先駆けて、実証試験を進めていくとしている。また、トラック隊列走行の早期実現に向けて、引き続き技術検証および実証評価を行う。

なお、この実証実験はソフトバンクが請け負った、総務省の「高速移動時において無線区間1ms、End-to-Endで10msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」で実施したもの。

6月25日から実証実験を行う経済産業省から委託を受けている「高度な自動走行システムの社会実装に向けた研究開発・実証事業:トラックの隊列走行の社会実装に向けた実証」とは別。

最新ニュース