オプテックス/工場や倉庫の出入口用シャッターセンサー発売開始

2019年06月11日 

オプテックスは6月11日、工場や倉庫の出入口に使用するシートシャッター開閉用のシャッターセンサー「OAM-EXPLORER」を6月より発売開始したと発表した。

<シャッターセンサー「OAM-EXPLORER」>

シャッターセンサー「OAM-EXPLORER」

フォークリフトや作業者を確実に素早く検出し、スムースで安全なシャッターの開閉と、スマートフォンによる現場でのセンサー設置の円滑化を図り、作業効率の向上をサポートする。

製品の特長の一つが、確実な車両検出で、稼働を止めないこと。シャッターを横切る車両を検出しない横切りキャンセル機能と車両の出入りが終わった後、素早くシャッターを閉じることができる方向判別機能を搭載。不要な開閉や開放時間の削減ができるため、外側からの空気やほこり、虫の流入を最小限に抑制し、室内の空調効率を守るとともに商品の品質保持に貢献する。

また、シャッターを横切る車両を検出しない横切りキャンセル機能と車両の出入りが終わった後、素早くシャッターを閉じることができる方向判別機能を搭載。 不要な開閉や開放時間の削減ができるため、外側からの空気やほこり、虫の流入を最小限に抑制し、室内の空調効率を守るとともに商品の品質保持に貢献する。

複数エリア検出時無限静止機能を搭載することにより、シャッター前に車両が停止している場合は、シャッターが閉じてこない設定が有効となるため、車両とシャッターの接触事故を予防でき、安全な作業環境づくりをサポートする。

さらに、スマートフォンの設定アプリを提供し、アプリを使って簡単に設定できるため、高所での作業を大幅に軽減できる。また、アプリによく使う設定をお気に入りとして登録しておけば、他の現場でもワンクリックで設定でき、繰り返し作業を解消できる。

■製品仕様
名称:シャッターセンサー「OAM-EXPLORER」
取付高さ:2.0~6.2m以内
出力周波数:24.2GHz
送信出力:12.7dBm
検出方式:マイクロウェーブ方式
     近赤外線反射方式(全エリア静止体検出)
検出エリア可変範囲:マイクロウェーブエリア: 0°~+50゜(無段階)
          近赤外線エリア: -15°~+40°(無段階)
電源:AC12~24V(50/60Hz)
   DC12~30V
消費電力:3.5W/5.0VA以内
保護等級:IP65
質量:600g
付属品:配線用コード(10m)×1、取扱型紙×1、取付ビス×2、取扱説明書×1

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集