阪急阪神エクスプレス/関空で医薬品国際輸送の品質プログラム認証取得

2019年06月11日 

阪急阪神エクスプレスは6月11日、関西国際空港で、IATA(International Air Transport Association、国際航空運送協会)が推進する医薬品国際輸送に関する品質認証プログラム「CEIV Pharma」認証を6月1日付で取得したと発表した。

<CEIV Pharma 認証を手にIATAのリカルド・アイトケン コンサルティングマネージャ-(左)と阪急阪神エクスプレスの谷村和宏社長>

CEIV Pharma 認証を手にIATAのリカルド・アイトケン コンサルティングマネージャ-(左)と阪急阪神エクスプレスの谷村和宏社長

阪急阪神エクスプレスは、2017年8月より、関西エアポートが主導する「KIX Pharma コミュニティ」の構成メンバーとして参画し、関西国際空港発着の医薬品輸送での高品質なサプライチェーン構築に向けた取組みを進めてきた。

認証取得により、顧客に高度な輸送品質を保証するとともに、より安全な医薬品輸送サービスの拡充に努めていくとしている。

なお、CEIVファーマとは、“The Center of Excellence for Independent Validation in Pharmaceutical Logistics”の略、IATAがGDP(Good Distribution Practice、医薬品流通過程の品質を保証する物流基準)に適合する輸送品質認証として策定したグローバルでの統一基準。

最新ニュース