倉庫着工床面積/2018年度は11.7%減の863万m2、3年ぶりに減少

2019年06月05日 

国土交通省は、2018年度建築物の着工床面積を発表した。

<倉庫の着工棟数と床面積の推移>

使途別では、倉庫が、前年度比11.7%増の863万m2で、3年ぶりに減少した。

事務所は532万m2(前年度比3.9%減、2年連続の減少)、店舗が518万m2(5.7%減、5年連続の減少)、工場は989万m2(9.0%増,2年連続の増加)だった。

<倉庫・流通施設の発注者別請負契約金額(2018年度、国交省調べ)>

一方、2018年度の建築工事(請負契約額が5億円以上の工事)の受注額では、倉庫・流通施設が、9403億円(前年度比11.8%増)だった。

倉庫・流通施設の発注者別では、運輸業・郵便業が3715億8000万円、不動産業2691億8400万円、卸売業・小売業1008億9500万円、製造業724億5200万円。

なお、倉庫・流通施設は、倉庫(レンタル含む)、冷凍貯蔵庫、備蓄基地などの建物、営業倉庫、農業倉庫、保税倉庫等の建物、卸売市場、物流センター、配送センター、トラックターミナル等の建物)。

建築工事等の受注統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2000業者を対象にして毎月行っている。

最新ニュース