ロジランド/埼玉県春日部市に1.8万m2の物流施設を開発

2019年06月04日 

ロジランドは6月3日、埼玉県春日部市永沼に春日部市内で2棟目となる「ロジランド春日部Ⅱ」を開発すると発表した。

これは、ロジランドが春日部市内で物流開発用地の優先交渉権を取得したもの。

既設の「ロジランド春日部Ⅰ」とともに、国道16号線と4号線の交差するエリアに位置し、東北自動車道岩槻IC及び常磐自動車道柏ICからもアクセス可能。宅配便主要ターミナルも近いことから、E-コマースの物流拠点としても需要が高いエリアであり、また、周辺地域からの従業員確保も容易なことから物流拠点としてポテンシャルが非常に高い立地。

同エリアには多くの開発業者や投資家が物流施設の開発を進めており、ロジランドとしては、それらの開発業者や投資家と協業しながら、このエリア全体を物流集積地として発展させ、春日部市の地域活性化や産業振興に貢献していきたいとしている。

■ロジランド春日部Ⅱ概要
建設地:埼玉県春日部市永沼
敷地面積:9780.20m2
建物規模:3階建(予定)
建物用途:倉庫
延床面積:1万8848.34m2(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集