上組/ミャンマーのティラワ地区港でターミナルの営業を開始

2019年06月03日 

上組は6月3日、ミャンマー港湾公社(MPA)とティラワ地区港におけるODAターミナルの運営に係るコンセッション契約(期間:38年間)を3月22日に締結したと発表した。

<位置図>

位置図

<開所式の様子>

開所式の様子

その後、このターミナルの運営を担うThilawa Multipurpose International Terminal Co., Ltd.(TMIT)を設立し、5月20日に営業を開始し、6月1日に開所式を行った。

上組は、ターミナルへの運営参画により港湾を中心とした多岐にわたる物流サービスを提供し、同国へ社会インフラの向上、経済発展に貢献していく。

また、既に進出しているタイ・レムチャバン港、カンボジア・シアヌークビル港、スペイン・バレンシア港等の海外ターミナル間及び日本国内のターミナルとのネットワーク強化を図り、更にグローバル展開を推進し、事業の拡大を目指していくとしている。

■Thilawa Multipurpose International Terminal Co., Ltd.(TMIT)概要
住所:Thilawa Area Port Prot 25&26、Thanlyin-Kyauk Tan Township, Yangon, Myanmar
株主:上組、STJ Thilawa Terminal Co., Ltd.、(住友商事㈱、豊田通商㈱、㈱海外交通・都市開発事業支援機構の合弁企業で日本法人)、K Efficient Logistics Consortium Company Limited(同国物流企業)
敷地面積:16万5700m2
岸壁:400m(Plot25&26)
許容本船全長:200m
積載トン数:2万DWT

最新ニュース