大和物流/愛知県小牧市に2.2万m2の物流施設を本格稼働

2019年06月03日 

大和物流は6月3日、愛知県小牧市長治町で大型物流施設「小牧物流センターI」を竣工し、本格稼働したと発表した。

<小牧物流センターI>

小牧物流センターI

<倉庫外観(南面)>

倉庫外観(南面)

<倉庫外観(東面)>

倉庫外観(東面)

<倉庫内部>

倉庫内部

愛知県小牧市は東名高速道路・名神高速道路・中央自動車道などの高速道路インフラが整備されているため広域物流が可能であり、事業所税が非課税である点からも、 物流立地として人気の高いエリア。

そこで大和物流では、2018年10月、「小牧物流センターI」と「小牧物流センターII」で構成される、 総延床面積約3.7万m2を超える同社最大規模の物流施設「小牧長治プロジェクト」の開発を開始。 そして、1棟目となる「小牧物流センターI」(延床面積:約2.2万m2 )を竣工したもの。

なお、 2019年9月には、冷凍・冷蔵設備を備えた物流施設「小牧物流センターII」を完成させる予定だ。

「小牧長治プロジェクト」は、東名高速道路の「小牧IC」および「春日井IC」から約4.5kmに位置した、広域配送に優れた物流施設。東名高速道路・名神高速道路・中央自動車道が交わる交通の要所「小牧JCT」にも近く、中京圏だけでなく関東圏、関西圏へのアクセスにも優れている。

こうした好立地などを評価いただき、「小牧長治プロジェクト」は両施設ともに入居企業が決定している。「小牧物流センターI」では、物流会社のフジトランスコーポレーションへ、倉庫部分と事務所部分をあわせて約1万m2を賃貸し、残りを大和物流が顧客の専用のセンターとして運営する。この施設から約7.5kmには「岩倉物流センター」(愛知県岩倉市、延床面積:約1.6万m2)を運営しており、エリア内で車両や人員等を共有・連携し、効率化と安定化を図ることが可能。

「小牧物流センターII」では、 横浜低温流通へ物流不動産として1棟ごと賃貸する予定だ。

また、「小牧長治プロジェクト」の開発にあたって、大型車両のアクセスを可能にするため、行政と連携のもと、敷地内に幅員約12mの道路を整備し、市に移管した。この市道により、南北を繋ぐ直線道路が開通し、物流センターの交通利便性はもちろん、地域の交通利便性の向上にも繋がった。

なお、今回の「小牧長治プロジェクト」は多くの顧客から問い合わせがあり、満床での稼働となるが、大和物流は今後も大和ハウスグループの情報ネットワークを活かし、顧客のニーズに適した物流施設開発を軸に事業展開を加速していくとしている。

<位置図>

位置図

<詳細図>

詳細図

■施設概要
名称:小牧物流センターI
所在地:愛知県小牧市長治町1番1
敷地面積:1万6159.56m2
延床面積:2万2618.14m2
構造・規模:鉄骨造地上4階建て(倉庫3階建て)
床荷重:1階:2.0t/平方メートル 2階:1.5t/平方メートル 3階:1.5t/平方メートル
搬送設備:貨物用エレベータ3基(4.5t:1基、 3.5t:2基)、 垂直搬送機2基(1.5t)
最寄りIC:東名高速道路「小牧IC」および「春日井IC」から約4.5km
最寄り駅:名鉄小牧線「小牧原駅」から約1.8km
駐車場:乗用車67台
環境・省エネ対策:全館LED照明導入、 ソーラーパネル敷設(2,112枚、 総発電量:約633.6kW、 年間予定発電量:約70万kWh)
設計・施工:大和ハウス工業
稼働日:2019年6月3日

名称:小牧物流センターII
所在地:愛知県小牧市長治町1番1
敷地面積:8988.07m2
延床面積:14,482.68m2
構造・規模:鉄骨造地上4階建て(倉庫3階建て)
最寄りIC:東名高速道路「小牧IC」および「春日井IC」から約4.5km
最寄り駅:名鉄小牧線「小牧原駅」から約1.8km
設計・施工:大和ハウス工業
竣工日:2019年9月予定

関連キーワード:

最新ニュース