ダイニチ工業/27億円投じ、新潟市の物流センターで倉庫など建替完了

2019年05月31日 

石油暖房機器メーカーのダイニチ工業は5月31日、新潟市南区の和泉物流センターで第一倉庫と管理棟の建替工事を完了させた。

<第一倉庫(左奥)と管理棟(右手前)>

和泉物流センター

老朽化で大規模な改修工事が必要だった旧建屋を解体し、跡地に2階建て延床面積1万6000m2の倉庫と、1600m2の管理棟を建設した。総投資額は27億円。今後、設備を導入し、6月下旬から稼働させる。

新倉庫では製品保管台数を旧倉庫より6割増加し、分散していた製品とサービスパーツの物流機能を集約。また、新たな製品搬送システムの導入など物流オペレーションの強化によって入出庫作業の効率向上と省人化を図り、入庫効率を4割、出庫効率を1割向上させたことで、運送費の高騰に対処する。

■和泉物流センター第一倉庫・管理棟の概要
所在地:新潟市南区和泉651-4
敷地面積:2万5627.67m2
延床面積:(第一倉庫)1万6274.80m2、(管理棟)1606.20m2
着工:2018年6月(既存建物の解体、新築工事は9月着工)
竣工:5月31日
稼働:6月下旬(予定)
投資額:27億円

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集