トヨタ/5260万ドル投じ、ミャンマーに自動車工場建設

2019年05月31日 

トヨタ自動車は5月30日、ミャンマー最大の都市ヤンゴンの南部近郊に位置するティラワ経済特区に新工場を建設すると発表した。

新工場は、ミャンマー初の車両生産子会社として6月に設立を予定しているToyota Myanmar(TMY)が運営。投資額は5260万米ドルで、2021年2月から生産を開始する。

新規雇用は130人を予定しており、稼働当初はSKD(セミノックダウン方式)でハイラックスを年間能力2500台で生産する予定。

ミャンマーでは、経済発展に伴い新車需要が大幅に伸長(2018年に前年比2.1倍の1万8000台)。トヨタはミャンマーで輸入によりハイラックス、ヴィオス、ラッシュなどの車両を販売しており、今後の着実な市場の拡大を見据えて現地生産に着手する。

■Toyota Myanmarの概要
所在地:ミャンマー ティラワ経済特区
出資比率:トヨタ自動車85%、豊田通商15%
設立時期:6月(予定)
生産能力:2500台/年(1直)
生産車種:ハイラックス
生産開始:2021年2月
従業員数:130名程度

最新ニュース

物流用語集