博多港/「博多港物流トライアル推進事業」協力企業を募集

2019年05月31日 

博多港は5月31日、2018年度に続き新たに博多港を利用する物流ルートの構築を支援し,その効果検証を行う「博多港物流トライアル推進事業」を実施すると発表した。

<博多港>

博多港

対象事業は、「博多港を利用する新たな物流ルートであること」「博多港の国際又は国内定期航路(コンテナ/RORO)の利用貨物であること」「博多港の利用により物流面の改善(コスト・リードタイム縮減等)が見込まれること」「博多港の本格利用後のコンテナ取扱量が,年間25TEU以上見込まれること」。

支援内容は、トライアル輸送に要する経費が1事業あたり最大100万円(内貿貨物は最大50万円)を支援。募集事業数は12事業(予定)。支援対象企業は、荷主企業または物流事業者。

支援条件は「事業者が持つトライアル輸送関連情報(コスト・リードタイム,輸送実績等)の提供」「トライアル輸送に係るヒアリング調査への協力(事前・事後)」「トライアル輸送の結果を博多港のポートセールス活動で活用することへの同意」となっている。

申請書受付期間は7月1日から7月31日。事業者決定は8月の予定。

■問い合わせ
博多港物流トライアル推進事業事務局(地域開発研究所)
東京都台東区東上野2-7-6 東上野T・Iビル
TEL:03-3831-2917

最新ニュース