ナビタイム/動態管理ソリューションでドライバーの到着順や車両数を把握

2019年05月31日 

ナビタイムジャパンは5月31日、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」の管理者 荷主用画面で、特定の配送先へ向かう作業者の絞り込み検索に対応すると発表した。

<動態管理ソリューションでの絞り込み検索の画面>

動態管理ソリューションでの絞り込み検索の画面

これまでの絞り込み検索では、出発地や作業ステータスを指定するのみだったが、今回、特定の配送先(工場や倉庫)名の入力に対応し、そこへ向かっている作業者に絞り込んだ検索が可能になる。

幹線輸送など工場や倉庫のような複数の車両が集まる場所では荷待ちが発生し、その ことが長時間労働にもつながるため、荷待ち時間改善の一助を目的として開発。荷主 側が自社に向かう作業者の情報だけを一覧できるため、到着順や混雑度合いを事前に把握して、荷待ち発生有無や待ち時間を想定した受け入れ準備を行う、といったことが可能になる。

<IT導入補助金>

IT導入補助金

また、「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」は今年度も経済産業省で実施される2018年度補正予算「サービス等生産性向上 IT導入支援事業(IT導入補助金」において、補助金の代理申請を行う指定事業者に採択された。サービス導入費用の最大2分の1(上限額150万円未満、下限額40万円)が補助される。

最新ニュース